婚約指輪の選び方

結婚を決めた男女は、結婚までの期間を『婚約期間』と呼びます。昔は、その期間に結納などを行っていましたが今ではそんな事をする人も少なくなりました。家同士の繋がりよりも、本人同士のつながりを重視している方々も多く、形式てきなものをするよりもより自分たちが楽しめる方向で結婚に向けて準備をする傾向にあるのです。

ですが、例え結納をしなくなったとしても婚約期間には変わりありません。その約束の証として、婚約指輪を購入する方は今でも沢山居ます。婚約指輪の購入には、特に決まりが無くそれれぞれが納得いく形の物を購入する事が一番でしょう

金額に対しても、昔は給料3か月分なんていう流れもありましたが今ではそこまでお金をかける人も少なくなりました。きちんとした品質の物であったとしても、そこまでお金を出さずとも購入する事が出来るようになったからです。

指輪デザインに関しても、昔は立て爪と呼ばれるものが一般的でしたが最近では様々な物が登場しています。その為、形式に囚われる事無くじぶんが一番良いと思うものを購入する事が大事な事でしょう

デザインの好みは人そぞれです。他人になんと言われようと、自分が気に居ているのであれば問題ありません。ですが、ここで一つ意識しておいて欲しい所があります。それは、年代に関係なく使う事が出来るデザインを意識すると言う事です。今は良くても、20年後使用する事が出来なければ意味がありません。せっかく大事な指輪を末永く使用する為には、購入するデザインもしっかりと考えて購入してください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

投稿者について

管理者